FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

anxious

心配して 切望して 願って

"The Fir-Tree" is a literary fairy tale by Danish
poet and author Hans Christian Andersen (1805?1875).
The tale is about a fir-tree so anxious to grow up,
so anxious for greater things, that he cannot appreciate
living in the moment. The tale was first published
21 December 1844 with "The Snow Queen" in Copenhagen,
Denmark by C.A. Reitzel. One scholar indicates that
"The Fir-Tree" was the first of Andersen's fairy
tales to express a deep pessimism.

「もみの木」は、デンマークの詩人であり作家の
ハンス・クリスチャン・アンデルセン(1805-1875)の書いた童話作品です
物語の内容は、もみの木が、早く自分が成長し、大きくなることを求め過ぎて
今生きていることの大事さに気づけない、と言うものです
このお話は1844年にデンマークのコペンハーゲンで
C.A. Reitzel社より「雪の女王」と一緒に出版されました
「もみの木」はアンデルセンが初めて強い厭世観を表現した
童話であると指摘する学者もいます


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンドラの箱

Author:パンドラの箱
メロパーが終わっても
メロダチは永遠

meromero park
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近のコメント
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。