FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私を忘れる頃

作詞・松任谷由実

宵の明星 手が届きそう
ふりむけば すっかり青い夜
コンビナートが 煌いていた
遥かなふもとに

別れの言葉 投げかけたとき
まわりじゅう ぼやけて海の中
耳を切るように 風が鳴ってた
真冬の展望台

口に出してはだめよ
見つけた流れ星
遠く離れても 遠く離れても
ずっと元気でいて

煙草の先が ときどき紅く灯るたび
照らされる横顔
してあげたくて できないことが
たくさん まだあるのに

あなたに のぞまれても
捨てられなかった夢
やがて許してね いつか許してね
私を忘れる頃

宵の明星 どこへ行ったの
満天の銀河に埋ずもれて
しばらくしたら ライトをつけて
カーヴを下りてゆきましょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パンドラの箱

Author:パンドラの箱
メロパーが終わっても
メロダチは永遠

meromero park
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。